筋トレの頻度

普段スポーツジムに通う際に時間帯と頻度は意識していますか?最近スポーツジムに通い始めた方や、筋トレを始めたばかりの方のほとんどは「いっぱいやればいい」と漠然と筋トレをしている方が多いかと思います。実は筋トレには効率のいい時間帯と、頻度があるのです。それでは効率の良い筋トレとはどのようなものなのでしょうか。

筋トレ筋肉はトレーニングで破壊されたのち、およそ48~72時間で修復され、元の状態より少し太くなります。この状態で次の筋トレを行うことでより効果的に筋力と筋持久力の増加が期待できます。その為、筋トレはこれを意識しながら継続的に行うことが好ましいのです。

同じ週2回の筋トレでも、2日連続で行ったのち、5日休みというパターンと、2日ないし3日おきに筋トレを行った場合では効果の出かたが変わってきます。すなわち、筋肉には回復が必要で過度なトレーニングは逆効果になってしまいます。

筋肉は破壊と修復を繰り返してこそ、さらに強い筋肉になります。過度なトレーニングは疲労を増長させるだけで、トレーニングの効率が下がってしまいますので、スポーツジムに通うのは、2日おきぐらいに通うのが良いでしょう。また、筋肉の回復期には積極的にたんぱく質を取り入れて、更に筋力アップの効率を上げるのがおすすめです。


関連記事

大きな筋肉を鍛える

スポーツジムに通い始めで、どのようなメニューをすれば良いかわからない、全体的に筋肉をつけたいけど、キリがない!とお悩みの方は多いです。限られた時間の中で効果的に効率的に筋トレが出来るのであれば嬉しいですよね。それではそれはどのような方法なのでしょうか。

背中筋トレを効率的に早く変化を感じられたい方は大きい筋肉を鍛えることで、より早く効果を感じられます。大きな筋肉とは大まかに背中、お尻、脚、胸の4つになります。大きな筋肉は目につきやすい部分ですので、効果を実感しやすい場所なのです。

また、トレーニングにはインターバル(休憩)が必要になります。重いウェイトを扱う場合は、インターバルを長め(2~3分)にとり、低重量のウェイトの場合は、インターバルを短め(15秒~30秒)にすることで体を引き締めることが出来ます。
そして、正しいフォームで筋トレを行うことも効率的に筋トレを行うために大切ですので、正しいフォームで筋肉に効いているか意識しながら筋トレを行うのが、効率よく筋トレを行うことの近道です。

効率的な筋トレをしたい場合は、目につきやすい大きい筋肉を重点的に鍛え、インターバルを意識しながら正しいフォームで筋トレを行うことで効果をより早く実感することが出来ます。ですので、やみくもにメニューをこなさず、それらを意識して筋トレを行いましょう。


関連記事

効率的な筋トレとは

筋トレたくましい体になりたい、痩せたい、健康のために・・・様々な理由でスポーツジムに通い始めたのはいいけれど、「メニューがたくさんありすぎて何をすればよいか分からない。」「早く実感したい。」スポーツジムに通い始めのころはそんなお悩みを持たれますよね。会社帰りや、休日など限られた時間の中でスポーツジムに通う方が殆どだと思いますので、より効率的に効果的に筋トレが出来るのであればそれに越したことはありません。それでは効率がいい筋トレとは具体的にどのようなものなのでしょうか。

効率的に筋トレを行うのであれば「頻度」と「部位」、「インターバル」を意識して行う必要があります

筋肉は破壊と再生を繰り返して強くなるため、そのサイクルに合わせて筋トレを行うことで、より効率的な筋トレをすることが可能です。

また、人の(自分の)目につきやすい比較的に大きな筋肉を鍛えれば、筋肉が成長したことを視覚的にとらえることができるため、効果が感じやすくなりますし、大きい筋肉というのは、比較的触りやすい位置にあるため、触覚的にも効果が実感できます。

そして、筋トレの合間にはインターバル(休憩)を置き、正しいフォームで筋トレを行うことで、効率的な筋トレへと近づくことが出来るのです

以上のことを意識するだけで、限られた時間の中の筋トレを効率的に行うことが出来、仕事をしながらのスポーツジム通いでも、十分筋力をアップすることが可能なのです。

普段お仕事でお忙しい中、スポーツジムへ通われている方が限られた時間の中で効率的な筋トレが出来るようになるお手伝いが出来れば幸いです。


関連記事